アラド戦記

ストーリー

果たして冒険者たちがこの混乱を鎮め、未知の世界である天界や魔界を冒険することできるだろうか?

人間たちは転移と呼ばれる次元移動現象によって、これまで見たことのない新しい生命体を目にすることになる。
新しい生命体に対する好奇心もつかの間、それらがみるみるうちに暴悪になり民間人に被害が相次いだ。

転移に加え、かつてエルフの森グランプロリスに棲息していた動植物に異変が起きていた。その最中、突然起きたグランプロリスの大火災
この事件後、グランプロリスではエルフたちの姿は見られなくなり、暴悪と化した動植物と転移によって現れた生命体でいっぱいの死の森へと変わっていった。

人々はそれらをモンスターと呼び、警戒し、恐れていた。
ちょうどその時からモンスターたちを討伐するため、日々己の身体を鍛錬し世界を冒険しようとする冒険者とよばれる者たちが歴史に多く登場することになる。

一方、グランプロリスの大火災によって天城を包んでいた霧のような魔方陣が晴れ、天城の雄々しい姿が現れる。
千年前、人間の大陸天界の交易場所となっていた天城。
伝説の中で伝えらてきた天城がその実体を明らかにした。
天城を守る光の生命体龍人たちがその前をはばかる。

あちこちから伝えられる伝染病の知らせ。
30年ぶりに目覚めた冷龍スカサに追われ国境を侵入したバントゥ族の知らせも加わり、世界が時とともに混乱していく中、冒険者と呼ばれる者達が増えていくことだけが唯一の救いなのだが…

この混沌の世界に未来はあるのか?
この全ての出来事の原因は何なのか?
果たして冒険者たちがこの混乱を鎮め、
未知の世界である天界や魔界を冒険することできるだろうか?
冒険は今始まったばかりである。

 


Internet Explorerをお使いの一部のお客様において、
ログインができない現象が発生しております。

ログインできない場合は、お手数ですが「お知らせ」に記載されている対処法をお試しください。